大学二年生が宇都宮中央自動車教習所で合宿免許! 十二日目 自主経路

合宿免許

本日のスケジュール

  • 0900 朝食
  • 1000 路上教習 自主経路
  • 1100 路上教習 自主経路 その2
  • 1200 昼食
  • 1300 路上教習 危険察知
  • 1400 学科教習 危険察知を終えて
  • 1500 学科教習 救命措置 1800まで
  • 1800 夕食

自主経路

 スケジュール上では7コマになっていますが、一日を通して比較的ゆったりして楽なメニューでした。朝食を取ったのちに普段通りに路上教習に出たのですが、今回は今までと違い教官と二人で行くのではなく、二人ないし三人の教習生と教官との乗り合わせで繰り出しました。ある地点についたらほかの教習生と運転を交代して市街地を回ります。というのも、普段はルートの指示を事細かくしてくれる教官は目的地を告げた後は基本的に何も言わず、自身が決めたルートで目的地を目指す自主経路作成の教習だったからです。車を止めて地図を見て、ルートを決めたら一人あたり10から15分ほどの位置にある目的地に向かいます。免許取ったはは隣でその都度右左折を指示してくれる教官はいないので、当然の練習ですね。とはいえ、実践に限りなく近い今回の自主経路教習をこなせたので、免許取った後の運転に自信が持てました。ほかの人の運転と自分の運転を車内から見比べるいい機会なので、大事にしたい教習だと思います。以前はこの自主経路方式で卒業検定を行っていたようですが、現在ではいつもの教官指示形式になっているようです。なぜかはわかりませんが、道を覚える必要がなくなったので個人的には大歓迎です( ´∀` )

危険察知

 自主経路の教習のつぎは危険察知の教習です。これも自主経路教習と同様に、三人の教習生で車に乗り込みます。今回は普段通りに教官の指示に従って運転しますが、走行場所が普段の道路よりも狭く、住宅街などの人通りの多い道を通りました。そのため、いままでの路上教習よりも目端をきかす必要があります。とはいえ、日ごろから注意深く運転するように心がけていればそこまで気にする必要はありませんでした。この路上教習はその直後の学科教習と連動しています。教習が終わった後教習所に戻り、同乗者と教官とともに前の時間で走った道に潜む危険や気を付けるべきポイントについて復習しました。幸い、私たちの班はとても優秀だったようでスムーズに教習が終わりました。

救命措置

 学科教習の三コマを使って救命措置について学びました。救命措置については運転免許を取る前にどこかの機会で講習を受けている人も少なくないと思います。私たちは前半は座学でAEDの使用するまでの時間と死亡率の関係、救急車について学びました。後半は実際に人形のジミー君を使って胸骨圧迫や人工呼吸の練習をしました。教官の人たちもノリノリで、とてもおもしろい教習だったなと思います(笑)

ごはん

お昼。カレーうどん。
夕食。たまご丼。カツ丼ではない。

まとめ

最短14日間の合宿免許 自炊プランなら168,000円~

 コマ数こそは最大数タイの7コマな一日でしたが、運転機会も少ないし、学科試験も普段とは違って座りっぱなしではなかったのでそこまで大変ではありませんでした。自主経路の教習は免許取った後の運転を意識して運転したので、この先とても役に立つのかなと思います。明日はついに高速道路に出るみたいですね。速度を出すのがまだまだ怖いので不安ですが、いつか来る遠出のためにもしっかり習得したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました